院長紹介

院長

堀江 稔

院長略歴
長崎大学歯学部卒業
佐世保市朝村歯科勤務を経て
平成3年伊万里市歯科診療所開業
現在に至る
所属学会・団体その他 日本口腔インプラント学会会員
日本歯周病学会会員
日本顎咬合学会会員
日本歯科臨床インプラント協会認証医
EAO(ヨーロッパインプラント学会)会員
スタディグループDOT会員
佐賀県歯科医師会障碍者医療協力医
厚生労働省指定歯科医師臨床研修施設


院長挨拶

ここ30年歯科医療は目覚ましい発展を遂げてきました。そのおかげでわたくし達は、より確実な医療を皆様にお届けできるようになりました。

当院ではよりよい医療を求めて、ドクター(矯正専門医を含む)・衛生士・テクニシャン間の緊密な連携をはかるティーム 医療に重点を置き、より的確な診査・診断・治療の向上に努めて参りました。

また開業当初よりインプラント治療を取り入れることに より患者様のQOLに貢献して来ましたし、さらには患者様の医療情報(レントゲン技術を含む)を有効に活用させて頂くため、ドクタ ー・職員・患者様と共有できるような医院全体のデジタル化を進めると同時に、より診断能力を向上させるために2年前に、歯科用CT を導入。

さらには治療技術を国際水準に引き上げるために(先進国では常識になっている)マイクロスコープを同時に導入しています。

このような医療機器のおかげで、今まで見えなかった、また確認が難しかった臨床上の問題点をより確実に把握できるようになり、診断能力・医療技術の向上に大いに役立っています。

また、いままでどうり、矯正医・衛生士と連携した乳幼児・小児の分野での 咬合育成をはじめ、成人矯正、障碍者歯科医療、往診、口腔ケアなどの活動も展開して参ります 。

今後の当院の目標として、患者様の視点を尊重した医療をさらに推進し、質の高い効率的な医療体制を構築していくことはもちろんのこと、高齢化にともなう疾病構造の変化や国民のニーズの多様化、患者の権利をより尊重するための双 方向のコミュニケーションのあり方等を充分に配慮したシステム作りに職員一丸となって取り組んで参ります。


昨今の健康意識の向上は目覚ましいものがありわたくし達にはいまや、疾病を治療して予防する発想(Disease-oriented concept) から健康を保持・増進するためには何をすればよいかという発想(Health-oriented concept)が求められていると思います



トップページに戻る