歯の豆知識コラム一覧へ

インプラント治療後の注意事項

2016/05/17



 

インプラントの手術をうけたあとの日常生活の過ごし方についてお話ししたいと思います。


《食事について》

• 術後麻酔は3〜4時間位で切れます。
• お口の感覚が戻ってから飲食して下さい。
• 上下でかみ合う歯が残っている場合には、傷口に食物がいかないように注意して召し上がってください。
 (お粥、オートミール・ヨーグルト・豆腐・野菜ジュース・はんぺん・うどん・煮魚など )
• 固い物や刺激物、熱い物などは避けて下さい。
      (お口の中を噛んだり、火傷をする可能性があります。)


《清掃について》

• 当日は食後の簡単なうがいで構いません。
• 手術翌日、消毒に来院された際にうがい薬をお渡しします。
• 傷口を触ったり、強くゆすいだりしないようにして下さい。
• 傷口は糸で縫ってありますので、その糸を歯ブラシで引っかけると糸が取れ傷口が開くことが

   ありますので、手術した部位は磨かないで下さい。
• 他の歯はしっかり磨いて下さい。

《手術後の注意》


• 手術当日の激しい運動・入浴は避けてください。(シャワー程度は可能です。)
• 手術当夜は、多少高めの枕をお使いください。腫れを少なくするために有効です。
 熱っぽい時は濡れたタオルで冷やしてください。
• アルコール / たばこ / サウナ は避けてください。

 出血しやすくなったり、治癒が遅れる可能性があります。
• 上顎の手術を受けた方は、鼻を強くかまないようにして下さい。
• お渡ししたお薬は、必ず指示通りに服用してください。(術後3日前後の抗生物質の服用が必要です。)


☻術後も長くインプラントを使い続けていただくためには、定期的に検診にお越しいただくこと、

また毎日のご自宅でのケアが不可欠です。

《プラークコントロール》


• インプラントの周囲は、装着前より汚れが溜まりやすくなります。そこで検診時には、口腔内の汚れ、

   細菌など衛生状態のチェックとクリーニングを行います。
• 自宅では、毎日の歯みがきを欠かさないことはもちろん、歯間ブラシなどでの汚れ除去を行ったり、

   専用の道具を使ったケアを行っていただく場合もあります。


インプラント治療が終了と判断されるのは、上部構造が装着されて、

噛みあわせの治療、調整が終了して安定が確認されてからでしょう。
その後、必ず歯磨き指導をを受けて、清掃の仕方等を覚えて頂き、毎日頑張って頂かないといけません。
と言うのは、インプラントになったと言う事は、必ず何かしらの歯を失くす原因があったからで、

虫歯にしろ、歯周病にしろ、歯が割れたにしろ、自分の歯を失くす理由があったのです。
それをそのままにして置くと、必ずまた問題が起きる可能性が高いでしょう。
なので、専門家の指導を受けて、定期的にメインテナンスを受けて行くことが鍵となります。

インプラントで治したからもう大丈夫、何もしないで良いと言う訳ではない、と言う事なのです。
私共では、ブラッシング指導始め生活習慣のチェック、患者さんに合わせて長持ちして快適な人生を

過ごせるよう支援しています。

長くインプラントを使い続けて頂く為には、定期的に検診(クリーニング)にお越し頂くこと、

また毎日のご自宅でのケアが不可欠です。image

 

 

トップページに戻る