歯の豆知識コラム一覧へ

インプラントと自分の歯はどう違うの?

2016/05/11



どこが違うの?

 

 

 

image

 

 

 

 

歯根のセメント質から伸びた歯根膜

繊維が細菌の侵入を阻止し、

バリア機能を果たしています。

 

 

 

←(LION資料より)

 

 

image

 

 

 

上部構造という人工の歯冠と、土台

アバットメントと言われる

チタンやジルコニアが入っています。

歯根膜繊維はなく、細菌の侵入を

阻止する能力が大きく低下します。

 

←(LION資料より)

 

 

 


インプラントはむし歯、歯周病になる?

天然歯の歯の表面は硬いエナメル質で覆われていますが、汚れ (プラーク)が残ると
むし歯菌のエサとなりむし歯になりますがインプラントは上部構造という人工の歯冠と、土台はアバットメッントと言われるチタンやジルコニアを使用してあるため、
むし歯にはなりません。

 

プラークコントロールが不十分だと細菌に感染しやすく、
インプラントの歯周病になり、歯槽骨との結合は破壊されてしまいます。
インプラントは歯周トラブルによる痛みを感じにくく、メインテナンス時まで
気づかないことも少なくありません。

 

                                                                            むし歯に ならない
           よって インプラントは
                                                                            歯周病に なる

トップページに戻る