歯の豆知識コラム一覧へ

歯科治療の『なぜ?』疑問

2017/07/19



◎1本の歯の治療で何度も通院が必要なのはなぜ?


A、虫歯の治療は虫歯の程度によってかかる時間が異なります。

軽度の場合→虫歯の部分を取り除き削った箇所に詰め物をつめる治療をします。1〜2回の通院が必要です。
中度の場合→象牙質に達している場合は虫歯の大きさにもよりますが2〜3回の通院が必要です。
重度の場合→虫歯が神経まで達していた場合は根管治療を行ったあと、歯全体に被せ物をする治療を行います。
4〜5回の通院、歯を残せない場合は抜歯をして、入れ歯やブリッジ、インプラントなどを行うことになりますので更に回数はかかってきます。

このように、虫歯の程度が大きければ大きいほど治療回数も内容も複雑になります。
また、お口の中の状態によって歯茎の治療も必要になると思いますので期間や回数は異なります。

通院期間が限られてる場合などは治療前にお気軽にご相談下さい。

image

 

 

◎乳歯ははえかわるから虫歯になってもいいの?


A、NO!!

虫歯になった乳歯を放っておくと、虫歯菌が乳歯の神経部分にまで侵食してしまいます。
乳歯のすぐ下には永久歯がスタンバイしているので、お口の中の永久歯に悪影響を及ぼしてしまいます。また、乳歯が虫歯によって早期に抜かないといけなくなった場合、永久歯のはえてくる時期にスペース不足となり、傾いてはえてきてしまったりと歯並びが悪くなる可能性があります。
なので、乳歯が虫歯になったらすぐに歯医者へ来られてください!できるなら、乳歯の虫歯もできるだけ予防するよう、また、なってしまったとしても早期発見出来るよう定期健診をおすすめします。

 


◎アイコスは歯周病予防になるの?


A、タバコよりは良くなる可能性は高いです。


今話題のアイコスにはタバコに比べ『タール』が90%カットされているようです。
タールとは・・・発ガン性物質が含まれる。タバコで黄ばむのはこのタール成分が原因。ヤニがつくと、汚れがつきやすくなるので歯周病も進行しやすい。口臭の原因ともなる。
ニコチンとは・・・血管を収縮させる作用がある。発ガン性物質は含まれてませんが中枢神経系や血管系に対する悪影響がある。アイコスにはニコチンは含まれている。
つまり、アイコスの場合、タバコよりタールが少ない分汚れがつきにくく口臭も減ってはくるでしょう。タバコよりは身体にも優しいでしょうがゼロではないので出来れば禁煙を目指しましょう!!
歯と歯茎が清潔で健康であれば、やがてそれは全身の健康にも繋がっていきます!!

トップページに戻る