歯の豆知識コラム一覧へ

おやつって美味しいですよね

2015/09/04



飲食すると口の中が酸性になり、
その状態でむし歯菌が糖分と出会い長時間一緒にいるとむし歯ができやすくなります。
ということは糖分が少なく口の中に残る時間が短いおやつが良いでしょう

◎むし歯になりやすいおやつ
★アメ、ガム、キャラメル、乳酸飲料(ヨーグルトドリンク)など
※特に長時間甘い味を楽しめるアメや歯にくっつきやすいキャラメルは
子供も大好きだがむし歯菌も大好物

image

※ジュース類は糖分が多いがその中でも乳酸飲料は歯を溶かしてしまう
『酸』が入っているので❌
乳酸飲料が口腔内を酸性にし、そこにむし歯菌が酸を出すとむし歯に
なる可能性大
すでにむし歯になっている子供には大敵

★果物(主にバナナ) ➕ ヨーグルト
糖分の多い食べ物➕酸性のヨーグルトお影響はかなり大きい

★チョコレート、ドーナツ、クッキー、和菓子(お団子等)
糖分が多く口の中に残りやすいので時間をかけて食べているとむし歯が大喜び
特にクッキーやドーナツは歯の間に挟まりやすく、モチモチしている和菓子も
はにくっつきやすいので要注意

※食べたあとは洗口や歯磨き、殺菌成分の含まれる緑茶などをコップ一杯
飲むことでむし歯になるリスクを減らせる

★ケーキ、シュークリーム、ドライフルーツ、マカロンなどの焼き菓子
クリームがメインのケーキや果物が多いケーキ、サクサクとした歯ごたえの
焼き菓子はすぐに飲み込める(糖分が長く口の中に残らない)ので
案外危険性は低め

★プリン、ゼリー、バニラアイス
口に入れてすぐになくなってしまうこれらのおやつは洗口程度でも口内糖分が
減るのでむし歯の危険性は低め

※チョコチップやクッキーが入っていると❌

image

★おせんべい、クラッカー、スナック菓子
糖分が少なくサクサクと砕け簡単に飲み込めるこれらのおやつはむし歯の
リスクがかなり低いおやつ

※硬くて歯ごたえのあるおせんべいはよく咬むことで唾液(殺菌成分がある)
の分泌を促し顎の成長を助けるステキなおやつ。なるべくおせんべいを
食べてほしい

◎むし歯になりにくいおやつ
★キシリトール100%
キシリトールを使用したガム、チョコ(歯科用)、グミなど
値段は高めですが…

◎番外編(^_^)
子供は一度にたくさんの栄養が摂れないためおやつの時間もミニ食事と考えた
ほうがいい
よく咬むことで消化管が動き食べ物の消化がよくなる。またセロトニン( 別名
幸せホルモン )も放出され情緒の安定する

 


★糖分と出会い長時間一緒にいるとむし歯ができやすくなります。
ということは糖分が少なく口の中に残る時間が短いおやつが良い

◎むし歯になりやすいおやつ
★アメ、ガム、キャラメル、乳酸飲料(ヨーグルトドリンク)など
※特に長時間甘い味を楽しめるアメや歯にくっつきやすいキャラメルは
子供も大好きだがむし歯菌も大好物

※ジュース類は糖分が多いがその中でも乳酸飲料は歯を溶かしてしまう
『酸』が入っているので❌
乳酸飲料が口腔内を酸性にし、そこにむし歯菌が酸を出すとむし歯に
なる可能性大
すでにむし歯になっている子供には大敵

 

★果物(主にバナナ) ➕ ヨーグルト
糖分の多い食べ物➕酸性のヨーグルトお影響はかなり大きい

★チョコレート、ドーナツ、クッキー、和菓子(お団子等)
糖分が多く口の中に残りやすいので時間をかけて食べているとむし歯が大喜び
特にクッキーやドーナツは歯の間に挟まりやすく、モチモチしている和菓子も
はにくっつきやすいので要注意

※食べたあとは洗口や歯磨き、殺菌成分の含まれる緑茶などをコップ一杯
飲むことでむし歯になるリスクを減らせる

★ケーキ、シュークリーム、ドライフルーツ、マカロンなどの焼き菓子
クリームがメインのケーキや果物が多いケーキ、サクサクとした歯ごたえの
焼き菓子はすぐに飲み込める(糖分が長く口の中に残らない)ので
案外危険性は低め

★プリン、ゼリー、バニラアイス
口に入れてすぐになくなってしまうこれらのおやつは洗口程度でも口内糖分が
減るのでむし歯の危険性は低め

※チョコチップやクッキーが入っていると❌

★おせんべい、クラッカー、スナック菓子
糖分が少なくサクサクと砕け簡単に飲み込めるこれらのおやつはむし歯の
リスクがかなり低いおやつ

※硬くて歯ごたえのあるおせんべいはよく咬むことで唾液(殺菌成分がある)
の分泌を促し顎の成長を助けるステキなおやつ。なるべくおせんべいを
食べてほしい

◎むし歯になりにくいおやつ
★キシリトール100%
キシリトールを使用したガム、チョコ(歯科用)、グミなど
値段は高めですが…

◎番外編(^_^)j
子供は一度にたくさんの栄養が摂れないためおやつの時間もミニ食事と考えた
ほうがいい
よく咬むことで消化管が動き食べ物の消化がよくなる。またセロトニン( 別名
幸せホルモン )も放出され情緒の安定する

 

トップページに戻る